一問一答クイズ!要約筆記者になりたい

【全国統一要約筆記者認定試験】の重要語句を、クイズ感覚でおぼえていきましょう♪

クイズ感覚で、
全国統一要約筆記者認定試験の
重要語句をおぼえましょう!

反復学習で、しっかりと記憶に定着。


問題と解答の間に空行がたくさんあいています。
スクロールする前に、答えを思い出してみましょう。

問題は、素人のわたしが作っています。
間違っていたら教えてください。


ameba版のブログを読みたい方は、
「一問一答!要約筆記者問題集」をどうぞ→https://ameblo.jp/e-rabbit

1.要約筆記は、文章を最後まで読んでからまとめる要約と同じですか?





答え

違います



解説

「要約」とは、文章を簡単にまとめたものです。

レジュメ (résumé)、レジメとも呼ばれています。

しかし「要約筆記」は聴覚障害者のために「その場で話されていることば」を、素早く「要約」して文字化するものです。

聴覚障害者が、その文字を見て「考えたり」「行動したりできる」ものです。

聴覚障害者のコミュニケーションの孤立化を防ぐことができます。

あなたも、こういう要約筆記をしてみたいと思いませんか?





2.
要約筆記に適さないといわれているものに、何がありますか?





答え

原稿の棒読みや、詩、歌など





3.
原稿の棒読みや、などは要約筆記に適しません。

では、それらはどのような方法で対応しますか?







答え

板書や資料配付




YouTube
から

模擬授業の3つのポイント(板書1)

徳島大学教職教育センター

1.要約筆記の三原則のひとつである「速く」には、2つの意味があります。

1つ目は、利用者のその場の参加を保障する「速く」です。


2つ目は何ですか?





答え

要約筆記者が記憶を保ち確実に表出するための「速く






2.
要約筆記の三原則のひとつである「読みやすく」を達成する要素は何ですか?

できるだけたくさん思い出してください。




答え

  • 文字の読みやすさ
  • 表記などの読みやすさ
  • 画面の読みやすさ
  • 会場配置での読みやすさ
  • 訂正されたものの読みやすさ



3.要約筆記の三原則のひとつである「
速く」には、2つの意味があります。

ひとつめは、要約筆記者が記憶を保ち確実に表出するための「速く」です。

では、
もうひとつは何ですか?





答え

利用者のその場の参加を保障する「速く」



読んでいただきたい本

音から隔てられて―難聴者の声 (岩波新書 青版 936)






もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 要約筆記者になりたい

Ameba版 ブログ 一問一答!要約筆記者問題集へ






YouTubeから

【ワーキングメモリー】
記憶のことについて解説します。
これを見れば何度言っても理解出来ないのか分かります。
JINちゃんねる


↑このページのトップヘ