一問一答クイズ! 要約筆記者になりたい

生活のすきま時間に、クイズを解くような感覚で重要語句を思い出してみませんか。

クイズで試験対策!


生活のすきま時間に!
クイズを解くような感覚で!
重要語句を思い出してみましょう!

隠れている答えは、マウスでドラッグすると色が反転して浮き上がります。

反復学習で、しっかりと記憶に定着。

問題は、素人のわたしが作っています。
間違っていたらごめんなさい。

なお、スマホからは答えを見ることができません。
パソコンでご覧ください。

タグ:難聴者


1.言語を獲得する前から重い聴力障害があり、主に手話を母語として成長した人や、言語を獲得した後で失聴した人でも、幼いころからろう学校で学び、手話を主な手段にしているひとを一般に「何者」といいますか?

ろう

 (アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)

2.音声言語を獲得した後、だいたい思春期以降、成人して聞こえにくくなった人のことを一般的に「何者」といいますか?

中途失聴者

アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)


3.難聴者の多くは、「何」を使用して、どのような「コミュニケーション手段」をとっているか説明してください?

(答えは、ちょっと長い文章です。)

補聴器」を使用し、「音声言語をある程度識別して、通常のコミュニケーション手段」としている。


もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 

ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓



1.難聴者は人口の何%程度とみられていますか?(日本において)


10%程度


2.聴覚障害者のコミュニケーション手段の利用状況では、回答数「第1位」と「第2位」は何でしょう?(平成18年度の厚生労働省の実態調査)


「第1位」補聴器や人工内耳等の補聴機器、「第2位」筆談・要約筆記

3.補聴器使用・人工内耳等の補聴機器を使用している人筆談・要約筆記を利用している人は「手話より多いですか」?


補聴器使用・人工内耳等の補聴機器と筆談・要約筆記を利用している人は「手話よりい」。

 

もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 
ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓


↑このページのトップヘ