一問一答クイズ! 要約筆記者になりたい

生活のすきま時間に、クイズを解くような感覚で重要語句を思い出してみませんか。

クイズで試験対策!
生活のすきま時間に、クイズを解くように重要語句を目に入れてみませんか。
隠れている答えは、マウスでドラッグすると色が反転して浮き上がります。
反復学習で、しっかりと記憶に定着させてください。
問題は、素人のわたしが作っているので、間違っていたらごめんなさい。
なお、スマホからは答えを見ることができません。パソコンでご覧ください。

タグ:語音明瞭度

マウスでドラッグして色を反転させると、答えが見られます。

わからないときは、すぐに答えを見てください。


とにかく何回も見て記憶に定着。


1.話者の話を聞き、要約し、文字にすることで、聞こえない人にその場の話の内容を伝える通訳のことを「何」といいますか?


要約筆記


2.語音明瞭度を説明してください。


音節を聞き、語音(ことば)の聞き取りの度合いを表すもの


3.伝音系にも感音系にも障害がある場合、「何」難聴といいますか?


 
混合難聴

 

もっと勉強したい人は下記のリンクへ



ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 


ブログ 
要約筆記者になりたい


マウスでドラッグして色を反転させると、答えが見られます。

わからないときは、すぐに答えを見てください。


とにかく何回も見て記憶に定着。


「身体障害者福祉法」における「聴覚障害者の程度等級」についての問題です。


1.両耳の聴力レベルが90dB以上のひと(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないひと)は「何級」ですか?



2.両耳の聴力レベルがそれぞれ80dB以上のひと(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないひと)、または両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のひとは「何級」ですか?



3.もしも、聴力障害が左右ともに95dBの場合、障害等級は「何級」になりますか?


 

もっと勉強したい人は下記のリンクへ



ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 


ブログ 
要約筆記者になりたい


1.身体障害者福祉法第4条別表では、聴覚障害者は「何」と「何」によって程度区分されていますか?

力と語音明瞭度で区分されている


2.聴覚障害者は音声言語による「何」を図ることが困難ですか?


思疎


3.
身体障害者手帳交付対象は「約何万何千人」とみられていますか?(平成18年度調査)


343000


もっと勉強したい人は下記のリンクへ



ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 


ブログ 
要約筆記者になりたい

答えを見るには、マウスでドラッグして色を反転させてください。

わからないときは、すぐに答えを見てください。

とにかく何回も見て記憶に定着。

1.語音明瞭度とは何ですか?


語音の聞き取りの度合い(ことばの聞き取りの能力)


2.聴力検査の場合、閾値(いきち)とは何ですか?


聞こえ始めの最の音


3.普通の会話が聞きづらいのは「何」難聴ですか?


等度(難聴)


もっと勉強したい人は下記のリンクへ


ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 


ブログ 
要約筆記者になりたい

↑このページのトップヘ