1.言語を獲得する前から重い聴力障害があり、主に手話を母語として成長した人や、言語を獲得した後で失聴した人でも、幼いころからろう学校で学び、手話を主な手段にしているひとを一般に「何者」といいますか?


ろう

 アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)


2.音声言語を獲得した後、だいたい思春期以降、成人して聞こえにくくなった人のことを一般的に「何者」といいますか?


中途失聴

アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)


3.難聴者の多くは、「何」を使用して、どのような「コミュニケーション手段」をとっているか説明してください。

(答えは、ちょっと長い文章です。)


補聴器」を使用し、「音声言語をある程度識別して、通常のコミュニケーション手段」としている。

もっと勉強したい人は下記のリンクへ



ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 


ブログ 
要約筆記者になりたい