1.音声でのコミュニケーションが、

発信者受信者の間に成立するには、

両者が同じ「世界」を持っていることが条件になりますか?







ヒント

「○○世界」

(漢字で2文字)





さらにヒント

「言○世界」

 









言語世界







2.
発信者から受信者に、

コミュニケーションがそのままでは通じない場合の例を、

2つ挙げてください。





ヒント

ひとつめ:両者が○言語を使っている場合

ふたつめ:発信者が「○声言語」を使い、受信者が「○覚障害者」の場合

 









ひとつめ:両者が異言語を使っている場合

ふたつめ:発信者が「音声言語」を使い、受信者が「聴覚障害者」の場合









3.
発信者受信者が、同じ言語を持たない状況で、

コミュニケーションを成立させるとき、

あいだに入るのは何という役割ですか?







ヒント


○○者


漢字で2文字










通訳者



 



もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 要約筆記者になりたい


Ameba版 ブログ 一問一答!要約筆記者問題集へ




YouTubeから↓

知ってください、要約筆記
|週刊 県政ナビ 令和2年4月12日放送

新潟県公式チャンネル