一問一答クイズ! 要約筆記者になりたい

生活のすきま時間に、クイズを解くような感覚で重要語句を思い出してみませんか。

クイズで試験対策!


生活のすきま時間に!
クイズを解くような感覚で!
重要語句を思い出してみましょう!

隠れている答えは、マウスでドラッグすると色が反転して浮き上がります。

反復学習で、しっかりと記憶に定着。

問題は、素人のわたしが作っています。
間違っていたらごめんなさい。

なお、スマホからは答えを見ることができません。
パソコンでご覧ください。

1.補聴器の耳にはめ込む部分(耳栓)の部分のことをカタカナで「何」といいますか?

イヤーモール

2.ヒアリングループシステム(磁気誘導ループシステム)を使うとき、人工内耳の入力を「何」コイルに切り替えますか?

T(コイル)


3.ハウリングは、補聴器のイヤホンから出た音がどこから漏れて生じるのですか?

イヤーモールド

 

もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 

ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓

1.話者の話を聞き、要約し、文字にすることで、聞こえない人にその場の話の内容を伝える通訳のことを「何」といいますか?

要約筆記


2.語音明瞭度を説明してください。


音節を聞き、音(ことば)の聞き取りの度合いを表すもの


3.伝音系にも感音系にも障害がある場合、「何」難聴といいますか?


 
混合難聴

 


もっと勉強したい人は下記のリンクへ


ブログ 
一問一答!要約筆記者問題集
 

ブログ 
要約筆記者になりたい




1.言語を獲得する前から重い聴力障害があり、主に手話を母語として成長した人や、言語を獲得した後で失聴した人でも、幼いころからろう学校で学び、手話を主な手段にしているひとを一般に「何者」といいますか?

ろう

 (アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)

2.音声言語を獲得した後、だいたい思春期以降、成人して聞こえにくくなった人のことを一般的に「何者」といいますか?

中途失聴者

アイデンティティを表すことばでもありますので、必ずしもそうとは限らないかもしれません)


3.難聴者の多くは、「何」を使用して、どのような「コミュニケーション手段」をとっているか説明してください?

(答えは、ちょっと長い文章です。)

補聴器」を使用し、「音声言語をある程度識別して、通常のコミュニケーション手段」としている。


もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 

ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓



1.空気の振動は、液体の振動に変換されるときに小さくなります。

その損失を補うための器官はどこですか?



2.耳小骨のつち骨きぬた骨の長さの違いから「何」の作用が生じますか?


テコ


3.鼓膜あぶみ骨の「何」により内耳の液に効果的に振動を伝えますか?


面積


もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 
ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓

1.「音」は「何」の振動でしょうか?

空気(の振動)

2.その空気の振動は、耳介から入ったあと「どこ」で共鳴しますか?

耳道


3.空気の振動は、液体の振動変換されるときにどうなりますか?

(大きくなりますか?小さくなりますか?)


小さくなる


もっと勉強したい人は下記のリンクへ

ブログ 一問一答!要約筆記者問題集 
ブログ 要約筆記者になりたい


YouTubeから↓

↑このページのトップヘ